メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

駅で冷たい伊賀鉄コーヒーいかが? 売り上げ挽回へ記念切符福袋の通販も

「IGATETSU ICED COFFEE」のパック(左)と袋=三重県伊賀市役所で、大西康裕撮影

 伊賀市の伊賀鉄道は8月1日、鉄道グッズの通信販売を始める。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で観光客が激減し、運賃収入だけでなくグッズの売り上げも落ち込み、挽回しようと初めて取り組む。また、好評の「IGATETSU COFFEE」のアイスコーヒータイプの販売を同日から、上野市駅(上野丸之内)で始める。

 通信販売のグッズは31種類。これまで駅などで販売してきた電車型マグネットの他、通信限定で同日から新発売の同駅の駅名キーホルダーや6種類の記念切符を詰め合わせた「記念切符福袋」(20セットのみ)も販売する。駅売り通信両方で新発売のヘッドマークが連なるマスキングテープなどもある。

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  5. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです