断面は可愛いハート形 イチゴ新品種、「とちあいか」と命名 栃木

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
断面がハート形になる栃木県の新品種イチゴ「とちあいか」(県提供)
断面がハート形になる栃木県の新品種イチゴ「とちあいか」(県提供)

 栃木県は28日、県開発のイチゴ新品種「栃木i37号」の名称を「とちあいか」に決めたと発表した。ヘタの部分がへこんでおり、二つに切ると断面がハート形になる。福田富一知事は「全国のみなさんに愛される果実になれば」と期待している。

 とちあいかは2018年11月、県農業試験場いちご研究所(栃木市)が開発。…

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文330文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集