メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渡辺王将、寄せきり2勝2敗に 名人戦第4局

第78期名人戦七番勝負第4局で豊島将之名人(右)に勝利し、感想戦で対局を振り返る渡辺明王将=東京都文京区のホテル椿山荘東京で2020年7月28日午後7時半、北山夏帆撮影

 東京都文京区のホテル椿山荘東京で行われた第78期名人戦七番勝負第4局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、藤田観光協力)は28日午後6時58分、挑戦者の渡辺明王将(36)が豊島将之名人(30)に101手で勝ち、対戦成績を2勝2敗のタイに戻した。残り時間は渡辺1時間54分、豊島1分。第5局は8月7、8の両日、東京都渋谷区の将棋会館で行われる。

 双方の読みがぶつかり合って白熱の終盤戦に突入したが、わずかに渡辺の読みが上回った。

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文785文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  4. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  5. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです