「介護現場の萎縮を払拭」現場から安堵の声 准看護師に逆転無罪判決 特養入所者死亡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
准看護師の女性に無罪が言い渡され、東京高裁前で「無罪判決」と書かれた紙を示す支援者の女性=東京都千代田区で2020年7月28日午後、金寿英撮影
准看護師の女性に無罪が言い渡され、東京高裁前で「無罪判決」と書かれた紙を示す支援者の女性=東京都千代田区で2020年7月28日午後、金寿英撮影

 長野県安曇野市の特別養護老人ホーム「あずみの里」で入所者にドーナツを提供し、誤って飲み込ませて死亡させたとして業務上過失致死罪に問われた准看護師の女性(60)に対し、東京高裁は28日、罰金20万円とした1審・長野地裁松本支部判決(2019年3月)を破棄し、逆転無罪判決を言い渡した。大熊一之裁判長は「女性には、被害者がドーナツで窒息する危険性や死亡する結果を予見できる可能性は相当に低かった」と述べた。

 介護中に起きた入所者の死亡を巡り刑事責任が問われるのは異例。入所者に付き添ってきた施設職員が起訴される事態に、支援者らは「介護の未来が懸かっている」と位置付けてきた。28日の逆転無罪判決を「現場の萎縮を払拭(ふっしょく)してくれた」と歓迎した。

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文914文字)

あわせて読みたい

ニュース特集