特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

政府、地域ごとに3段階で感染対策 空き病床数など指標に工程表作成へ 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
首相公邸(左)と首相官邸=東京都千代田区で2019年5月1日午前10時20分、川田雅浩撮影
首相公邸(左)と首相官邸=東京都千代田区で2019年5月1日午前10時20分、川田雅浩撮影

 政府は新たに、自治体や民間向けの新型コロナウイルス感染症対策の検討を始める。地域ごとの感染状況や空き病床数などを指標とし、事態の進行によって状況をステージ1~3の3段階に分け、取るべき対策をまとめた工程表を作成する。自治体などが迷わず判断できるよう、感染者の治療や外出自粛、休業要請などの対応を取る基準を示す。31日にも開く「新型コロナウイルス感染症対策分科会」で専門家からの提案を受け、具体的な検討に入る。

 専門家による工程表の素案では、指標は▽重症者数▽60歳以上の感染者数▽宿泊施設や病床の占有率▽宿泊施設や病床の満床までの推定日数▽検査の陽性率――などを想定している。

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文740文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集