特集

ニュース|東京パラリンピック

東京パラリンピックに関するニュースです。

特集一覧

合気道のまねごとで選手生命断絶の危機 あの「二刀流」は今

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
陸上のジャパンパラ大会で疾走する久保恒造=岐阜メモリアルセンター長良川競技場で2019年7月21日、藤井達也撮影
陸上のジャパンパラ大会で疾走する久保恒造=岐阜メモリアルセンター長良川競技場で2019年7月21日、藤井達也撮影

 1年延期された東京パラリンピックは24日に開幕1年前を迎える。東京大会に車いす陸上で出場を目指す久保恒造(39)=日立ソリューションズ=は2019年2月、「合気道のまねごと」という悪ふざけに巻き込まれ、選手生命が危ぶまれる重傷を負った。あれから約1年半。久保は、自らにどう向き合っているのか。

 遠征先のアラブ首長国連邦での出来事だった。日本選手計3人で昼食を取りながらのなごやかな時間、ふと合気道の映画の話になった。「手を出して」。その選手は、軽い冗談のつもりだったのだろう。だが、外側に…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文927文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集