メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 山下澄人『月の客』

◆『月の客』山下澄人・著(集英社/税別1700円)

 芥川賞作家・山下澄人さんの新作は、少年トシと少女サナの物語。二人の視点、過去と現在、この世とあの世が交錯する構成に、この作家をはじめて読む人は戸惑うかもしれない。

「書き始める時はいつも適当なんです。書いているうちに、できものを潰すように『ここ押したらイケそうかな』という予感が生まれる。作中で視点や時間が変わったりするのも自分では意識していなくて、人から指摘されて気づいたりします(笑)」

 子どもの頃、本を最初から順に読むことが苦痛だったという。「好きに読めばいいじゃないか」と気づいてから、読書が好きになった。その自由な感覚が、書く際にも生きているのだろう。

この記事は有料記事です。

残り1126文字(全文1432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです