連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

河井夫妻事件 また「責任を痛感」 軽~い安倍流処世術

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
前法相の河井克行衆院議員と妻の案里参院議員の起訴を受け、陳謝する安倍晋三首相=首相官邸で2020年7月8日午後7時37分、竹内幹撮影
前法相の河井克行衆院議員と妻の案里参院議員の起訴を受け、陳謝する安倍晋三首相=首相官邸で2020年7月8日午後7時37分、竹内幹撮影

 「適材適所」らしい。法相という法治国家の枢要ポストを任された河井克行衆院議員が妻・案里参院議員とともに逮捕・起訴された。任じた安倍晋三首相から飛び出したのは、おなじみの「責任を痛感している」というあのフレーズである。長く戦後政治を見てきた識者と安倍流処世術の「軽さ」を考えた。

説明なく放逐、情がない 野上さん/「適材適所」の判断力なし 森田さん

 安倍首相の小学生時代の話である。政治活動で多忙な父・晋太郎氏(元自民党幹事長、1991年死去)と、夫の地元・山口にいることが多かった母・洋子さん(92)の代わりに、東京で晋三少年の面倒を見ていたのが乳母の久保ウメさんであった。

 「ウメさんは、かつて私の取材にこんなことを言っていたんです。小学校低学年の時のこと。夏休みが終わりに近づくと『晋ちゃん、宿題は終わったの』とウメさんが聞く。そのたび、晋三少年はしれっと『ウン、終わったよ』と答える。でも見ると、夏休みの絵日記やら何やらが真っ白。仕方なく、ウメさんがわざと左手に鉛筆を持って宿題をやってあげた、と言います」

この記事は有料記事です。

残り2315文字(全文2771文字)

あわせて読みたい

注目の特集