メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

直ちに臨時国会を開け=与良正男

与良正男記者=西夏生撮影

 新型コロナウイルスの感染が再び拡大する中で、政府は先週、観光業界を支援する「Go Toトラベル」事業をスタートさせた。

 元々、「感染が終息したら始める」と言っていた事業だ。今、事業を始めれば感染がさらに全国に広がる可能性がある。

 「そうなったらかえってマイナスになる」といった不安の声が当のホテルや旅館などからも聞こえる。旅行する方も心配だろう。見切り発車の罪は既にして重い。

 政府の過ちを正すのが国会の役割のはずだ。ところが安倍晋三首相と与党は通常国会を延長せず、強引に閉会してしまった。その後、閉会中審査の形で、衆参両院で原則、週1回の審議をしているが、首相は出てこない。

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです