特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

子どもの夏風邪、低水準 コロナ予防策奏功か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 子どもを中心に夏に流行する感染症の患者報告数が記録的に低い水準で推移している。顕著なのが手足や口の中に水疱(すいほう)性の発疹ができる手足口病で、大流行した2019年の100分の1まで減少。例年7月から8月にかけてピークを迎えるヘルパンギーナは過去10年平均の10分の1程度にまで抑えられている。手洗いの徹底など新型コロナウイルスの予防策が別の感染症の流行対策にも効果を上げているとみられる。

 国立感染症研究所によると、全国約3000の小児科定点医療機関が報告した1週間(7月13~19日)の手足口病の患者報告数は、1医療機関あたり0・12人で、前年同時期の12・01人を大幅に下回った。過去10年で最も少なかった0・71人(16年)と比べても5分の1以下となっている。

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文858文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集