メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SMS認証で特殊詐欺 埼玉で3件 取得IP電話悪用

「SMS認証代行」を悪用した特殊詐欺の構図

 SMS(ショートメッセージサービス)による本人確認「SMS認証」を不正に行って取得された通話アプリが、少なくとも3件の特殊詐欺に使われ、約300万円の被害が出ていたことが捜査関係者への取材で判明した。通話アプリは法律による本人確認の義務がない「IP電話」で、SMS認証が不正に行われると利用者の特定が難しくなる。埼玉県警が捜査を進めており、認証代行が特殊詐欺の温床になっている実態が浮き彫りになった。

 捜査関係者によると、県警は29日、栃木県大田原市の無職の男性容疑者(20)=事件当時19歳=を私電磁的記録不正作出・同供用容疑で再逮捕した。再逮捕容疑は2019年9月19日、氏名不詳の第三者に通話アプリのアカウント取得に必要な携帯電話番号を教えた上、この番号にSMSで送られてきた認証コードを提供し、不正にアプリを使用できるようにしたとしている。同様の代行を計2回行い、1回につき代行料金として約1…

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文1088文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヘルパーからコロナ感染し死亡」 82歳女性の遺族が介護事業所を提訴 広島

  2. 石原さとみさん結婚へ 会社員男性と「どんな困難も乗り越えていける」

  3. フランス料理のシェフ、関根拓さん死去 39歳

  4. 「前例ない決定、菅首相がなぜしたかが問題」学術会議任命外された加藤陽子氏コメント

  5. ORICON NEWS 江頭2:50、大川興業を退社 公式サイトで報告「ありがとうございました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです