メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南部に激しい雨、3396人に避難勧告 土砂災害に警戒を /宮城

 活発化した梅雨前線と低気圧の影響で、県内は28日、南部を中心に激しい雨に見舞われ、七ケ宿町と丸森町の計1458世帯3396人に避難勧告が発令された。

 県などによると、避難勧告は七ケ宿町全域の631世帯1329人と、丸森町の昨年10月の台風19号で被災した地域を中心として827世帯2067人に出され…

この記事は有料記事です。

残り94文字(全文244文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. ワイン海に沈め波で熟成、まろやかに 半年後に引き揚げ、好評 神奈川

  5. 「三気の魂」再びここから 地震で半壊、鵡川高の新野球部寮完成 北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです