メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうほく全国1位探求

岩手・靴屋の数 受け継がれる職人の心 履きやすさで評判

婦人靴から紳士靴まで、履きやすさにこだわった品が並ぶ多田靴店=盛岡市大通1のサンビルで2020年3月27日、三瓶杜萌撮影

 本州一の面積を誇り、冬の積雪も多い岩手県。それだけに、長距離移動を支える靴が重宝されてきたのかもしれない。人口10万人当たりの靴屋の数が、岩手は日本一多い。

 経済産業省の統計調査「経済センサス」によると、県内の靴・履物小売業の事業所数は162件(2014年現在)。人口10万人あたりに換算すると、全国平均8店の1・5倍に当たる12店となる。確かに、盛岡市の街中では、靴屋をあちこちに見かける。

 同市の中心部、盛岡城跡の石垣のすぐそばにある創業80年以上の老舗「多田靴店」。店長の女性は「歩きやすい靴を求める気質が、岩手県民にはあるのでは」と推測する。

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1108文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港警察、黄之鋒氏を逮捕 雨傘運動リーダー 昨年の無許可集会参加疑い

  2. 漫画「鬼滅の刃」が累計1億部突破へ 10月発売の最新巻で

  3. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  4. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  5. うずくまる息子、脇に立つ父「救急車、呼ばんでいい」 あの冬の日から3カ月…救えたはずの命

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです