メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬・碓氷峠鉄道文化むら 「ロクサン」体験復活 /東京

実物のEF63の運転席で機関士気分を味わえるシミュレーター=碓氷峠鉄道文化むら提供

 廃線となったJR信越線の横川(群馬県)―軽井沢(長野県)間で活躍した電気機関車EF63(通称・ロクサン)の運転シミュレーターが改修され、映像がよりリアルになって復活した。本物の運転席での操作は、当時の機関士の気分が味わえる。碓氷峠鉄道文化むら(群馬県安中市松井田町)に設置されている。

 横川―軽井沢間は最大66・7パーミル(1000メートルで66・7メートルの高低差)の急勾配で、ここを通るすべての列車は同区間専用のEF63が増結された。軽井沢へ向かう上り勾配では最後部から押し上げ、横川への下り勾配は最前部でブレーキを利かせてスピードを抑えていた。1997年10月の長野新幹線(現北陸新幹線)開通と…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 米総領事館、香港の活動家4人の政治亡命を拒絶 米中対立を避ける思惑か

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです