メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真館 コロナ禍の博多祇園山笠 /九州

7月15日午前4時59分。追い山のスタート時間の清道には静かな時間が流れた

 「オイサ オイサ」のかけ声とともに、締め込み姿の男たちが博多の街を駆け抜ける勇壮な博多祇園山笠(福岡市博多区)。779年の歴史を誇るが、今年は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて開催を見送った。

 毎年7月1~15日にあり、約1トンの舁(か)き山笠が疾走する15日の「追い山」でクライマックスを迎える。午前4時59分からスタートし、七つの舁き山笠が順次、櫛田神社の清道を1周して街へ駆けだしていく。例年、県内外から訪れた多くの見物客でにぎわうが、今年の早朝の神社には、数十人の市民の姿があるだけだった。

 山笠が奉納される櫛田神社によると、1241年に疫病退散を祈願し始まった。今回開催が見送られたが、明治時代のコレラ流行時や1945年6月19日の福岡大空襲の際も山笠は担がれなかった。

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文819文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです