慰安婦問題 菅氏、謝罪像を批判 「日韓関係に決定的影響」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 菅義偉官房長官は28日の記者会見で、韓国北東部・平昌にある植物園内に旧日本軍の従軍慰安婦を象徴する少女像にひざまずいて謝罪する安倍晋三首相をモチーフにした像が設置されたとの報道について「仮に報道が事実とすれば、日韓関係に決定的な影響を与えることになる」と強く批判した。政府・与党内では反発が広がっており、徴用工問題などで冷え込む日韓関係に悪影響を与えそうだ。

 像を設置するのは韓国・平昌の私立の「韓国自生植物園」で、8月10日にも一般公開される予定だった。菅氏は「事実かどうかは確認していない」とした上で「国際儀礼上許されない」と強調。慰安婦問題については「最終的かつ不可逆的な解決を確認した(2015年の)日韓合意の着実な実施を引き続き強く求めていく」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文638文字)

あわせて読みたい

注目の特集