メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子宮頸がん検診、上限 がんセンター推奨、細胞診69歳まで

 国立がん研究センターは29日、子宮頸(けい)がん検診の改定ガイドラインを発表した。がん化につながる細胞異常を顕微鏡で調べる細胞診について、推奨する受診者の上限年齢を初めて明示し69歳までとした。70歳以上になると検診を受けても死亡率を下げる効果が確認できなかったことが主な理由。今後、厚生労働省は自治体が行う公的検診に反映させるか検討する。

 子宮頸がんは子宮の入り口にできるがんで、年間約1万1000人が診断される。年代別では20代後半から増加し、40代でピークを迎える。がんの早期は自覚症状がないため気づくことが難しく、公的検診として国は現在、細胞診を20歳から2年おきに自治体が行うよう推奨している。

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  3. 首相会見に識者「政府の責任から逃げている」「質疑は『おまけ』という姿勢」

  4. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

  5. 沖縄県、新たに159人感染 過去最多を更新 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです