メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感染症と闘う

新型コロナ 重症度など子どものリスクは?

 新型コロナウイルス感染症を巡り、外出自粛を求める政府の緊急事態宣言の全面解除から2カ月がたった。夏休みを短縮して授業を行う学校が多いが、子どもたちは感染しやすかったり、大人より感染を広げやすかったりすることはあるのだろうか。これまでの研究によって見えてきた子どものリスクとは?

 北九州市立小中学校5校で5月下旬~6月上旬、児童生徒計14人が新型コロナウイルスに感染した。うち一つの小学校では同じクラスで計6人の児童が感染。クラスター(感染者集団)が発生した疑いが生じた。また、富山市の一つの小学校では4月に児童の感染が確認された後、同じクラスの児童3人と担任教諭の計5人の感染が判明した。

 子どもは新型コロナの感染が広がりやすいのか。日本小児科学会などによると、学校や保育園でクラスターが起きやすいことを示す証拠は今のところないという。海外の報告では、オーストラリアの15校で生徒、職員各9人が感染したが、濃厚接触者863人のうち感染が確認されたのは2人だけ。欧州でも9歳の患者が三つの学校やスキー学校で100人以上に接触したが、誰にも感染しなかった。

この記事は有料記事です。

残り908文字(全文1385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです