メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改善主義

ボクシング 挑戦と失敗あっての運命=村田諒太

 

 「改善主義」を初めて書いてから、5年以上が過ぎました。軌跡をたどると、考え方などは今と全く違っていると思います。拙書である「101%のプライド」を出版させてもらった後に悔やんだことが、「26歳時点の自分です」と明記するのを忘れたことです。

 人間の考えは変わっていきますが、物として残ってしまうと「この人はこういう考え方なのだな」と固定観念が生まれるからです。今回は「34歳時点の村田諒太の考え」と明記しておきたいと思います。

 「人生に運命とはあるのか」と考えることがあります。運命があったとしても、人間は運命を意図して勝ち取ることも予測することもできないでしょう。今回の原稿を書いている7月は、世界タイトルを取り返してから、ちょうど1年にあたります。1年前、誰がこのような世界を想像したでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1249文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

  3. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです