アベノマスク8000万枚追加 野党「税金の無駄」と激しく批判

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
政府が配布した布マスク。表裏の差は見られない=米田堅持撮影
政府が配布した布マスク。表裏の差は見られない=米田堅持撮影

 政府が新型コロナウイルス対策として介護施設に対し、国民に配布した布マスク(通称「アベノマスク」)を約8000万枚配布する方針を示し、野党から「税金の無駄」との激しい批判を浴びている。

 発端は28日、国会内で開かれた立憲民主党など野党4党のヒアリング。この場で厚生労働省は布マスクについて、7月30日から介護施設に配ることを明らかにした。政府によると、約8000万枚のうち約2200万枚は5月までに発注を終え、残り約5800万枚はマスクメーカーなど14社に6月22日に発注したという。立憲議員の調査では、14社への契約金額は計…

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文774文字)

あわせて読みたい

注目の特集