メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅氏、ワーケーション普及に意欲「観光は地方創生の切り札、インバウンド厳しい」

記者会見する菅義偉官房長官=竹内幹撮影

 菅義偉官房長官が29日の記者会見で、休暇を兼ねて遠隔地で仕事をする「ワーケーション」の普及に意欲を示した。

 新型コロナウイルスの影響で低迷する観光業に関し「観光は地方創生の切り札であり、900万人近い人が携わっている。インバウンド(訪日外国人)が極めて厳しい状況なので、まずは国内観光を楽しんでもら…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  2. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 菅新政権に“本筋の改革”を期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです