菅氏、ワーケーション普及に意欲「観光は地方創生の切り札、インバウンド厳しい」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する菅義偉官房長官=竹内幹撮影
記者会見する菅義偉官房長官=竹内幹撮影

 菅義偉官房長官が29日の記者会見で、休暇を兼ねて遠隔地で仕事をする「ワーケーション」の普及に意欲を示した。

 新型コロナウイルスの影響で低迷する観光業に関し「観光は地方創生の切り札であり、900万人近い人が携わっている。インバウンド(訪日外国人)が極めて厳しい状況なので、まずは国内観光を楽しんでもら…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文262文字)

あわせて読みたい

注目の特集