メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

院内感染防止へ京大付属病院が寄付募る 陰圧室整備などに3000万円

陰圧室の整備費をクラウドファンディングで募集している京都大付属病院=京都市左京区で2020年7月28日午前10時、石川貴教撮影

 京都大付属病院(京都市左京区)は、新型コロナウイルスの院内感染を防ぐことを目的とした陰圧室を整備するため、クラウドファンディング(CF)で寄付を募ると発表した。同病院が担う高度先端医療と感染症対策の両立を支えることが目的。8日に記者会見した宮本享病院長は「高度先端医療・救急医療と感染症対策を継続して両立させるためにも、陰圧室は必要だ。ぜひサポートをお願いしたい」と述べた。

 目標金額はまず3000万円に設定し、手術室や集中治療室など計14室の陰圧化工事を計画している。陰圧室は室内の空気圧を室外より低く調整し、感染源が室外に拡散することを防ぐ役割がある。同病院には一般病床に29床、手術室に1室あったが、長期的に高度先端医療などを支えるためには新たな整備が必要と判断した。

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 「情熱がある限り戦える」 キング・カズ、守勢の中チャンス演出 最年長記録更新

  3. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです