メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡市長「店名公表してほしい店ほど同意なく」 西村担当相に見解要望

福岡市の高島市長=森園道子撮影

[PR]

 福岡市を含む6政令市長と西村康稔・経済再生担当相が参加するウェブ会議が28日開かれ、夜の街を中心とした新型コロナウイルスへの対策などで意見交換した。

 会議は大臣と各市長の発言まで公開され、意見交換は非公開だった。福岡市の高島宗一郎市長はクラスター(感染者集団)が発生した店の名前の公表について、感染症法では必要な情報を「積極的に公表しなければならない」とある一方で、公表に当たっては個人情報の保護に留意する必要性も定められていることから「公表してほしい店ほど公表に同意してもらえない」と指摘。「(国から)一定の見解を出してもらえば、公表して感染を防ぎたい」と要望した。

 西村担当相は「疫学調査を積極的にして抑えるのが大事だ。厚労省で議論して対応できれば」と答えた。【加藤小夜】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  4. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  5. 福岡県「飲み会は2時間以内」「2次会控えて」 コロナ警報を発動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです