メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証プラス・新型コロナ

PCR拡大なぜ遅れた④医療現場、混乱の中で別の道模索 民間活用にかじ

車に乗ったままPCR検査を受ける「ドライブスルー診察」のデモンストレーション=奈良市七条西町で2020年4月20日午後2時51分、藤井達也撮影

 「2週間に及ぶ経過観察の末に患者の症状が悪化してしまった。結局、PCR検査の結果は陽性だった」

 「80代で熱が10日も続いているのに検査を受けてもらえなかった。普通なら入院が必要なのに、自宅で我慢してもらっていた」

 いずれも東京都内で医師が経験した事例だ。全国保険医団体連合会が実施した調査(4~5月)では、回答した医療機関7116カ所のうち1296カ所は、「PCR検査の必要性を指摘したのに、保健所などから拒まれた」という。

 新型コロナは軽症患者でも急に重症化することがあり、医師らは早期の診断を示したいと望んでいた。だが、なかなか進まない。混乱の中、医療現場は…

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 飲食店でクラスター 神戸で初 県内新規感染は48人 /兵庫

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです