16歳の野原未蘭さん、現役最年少の将棋女流棋士に 倉敷藤花戦で8強進出

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
現役最年少の女流棋士になることが決まった野原未蘭アマ=大阪市福島区の関西将棋会館で2020年7月29日(日本将棋連盟提供)
現役最年少の女流棋士になることが決まった野原未蘭アマ=大阪市福島区の関西将棋会館で2020年7月29日(日本将棋連盟提供)

 関西将棋会館(大阪市福島区)で29日に指された女流棋戦、第28期倉敷藤花戦トーナメント3回戦で、高校2年の野原未蘭(みらん)アマ(16)が室田伊緒女流二段(31)に84手で勝ち、ベスト8進出を決めた。野原アマは規定により女流棋士2級の資格を獲得。加藤結李愛(ゆりあ)女流初段(17)を抜き、現役では…

この記事は有料記事です。

残り85文字(全文235文字)

あわせて読みたい

注目の特集