特集

検証・安倍政権

7年8カ月余りにわたった第2次安倍晋三政権が幕を閉じました。数々の疑惑、課題が残されたままです。

特集一覧

公文書クライシス

首相官邸の記録がほとんど残されていない異常 公文書クライシス取材班が語る(中編)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
7月21日に開かれたオンラインイベント「『公文書危機』の実態を記者が語る」の画面より
7月21日に開かれたオンラインイベント「『公文書危機』の実態を記者が語る」の画面より

 森友・加計学園問題や「桜を見る会」などで焦点が当たった安倍政権下での公文書のあり方について、幅広い角度から問題提起してきた毎日新聞のキャンペーン報道「公文書クライシス」の取材班と、「デジタル毎日」の有料会員がオンラインで交流するイベント「『公文書危機』の実態を記者が語る」が7月21日夜、取材班がまとめた書籍「公文書危機 闇に葬られた記録」(毎日新聞出版)の発売記念も兼ねて開かれた。元NHKアナウンサーの山根基世さんがモデレーターを務め、約180人の読者が参加。毎日新聞社からは木戸哲・東京本社社会部長、日下部聡・統合デジタル取材センター副部長、大場弘行、松本惇・両社会部記者が参加した。主なやり取りを前編・中編・後編に分けて詳報する。中編は首相官邸の文書が残されていない問題や、安倍政権の体質について。【統合デジタル取材センター】

 山根 官僚の意識、公務員とは何か、国民への責任は――という根本のところがずれているのかなという気がします。もう一つ驚いたのは首相でさえ公文書を保存するルールがないということです。

 松本 歴代の首相経験者に取材を申し込みましたが、鳩山由紀夫さんと福田康夫さんは話してくれました。鳩山さんは退任時に大半の文書をシュレッダーにかけて処分したと赤裸々に語り、福田さんは、首相は退任する時には執務室を空っぽにして明け渡す慣習があると教えてくれました。自民党政権でも民主党政権でも首相の文書は残らないことになっていることが分かってきました。

 山根 鳩山さんはどんな感じでした?

 松本 「ここで話したことをどう料理するかはあなたたちの判断だ」とおっしゃって、非常にしっかり話してくださったという印象です。

鳩山元首相が持つ「極秘文書」は外務省に「不存在」

 山根 記事を読むと、鳩山さんは米軍普天間飛行場の移設について「最低でも県外」に向けて努力していたのは分かりました。

 松本 鳩山さんは鹿児島の徳之島に移すことを念頭に動いていたようですが、断念します。その直前に外務省から「極秘」と記された文書を見せられます。これがその写真です。米軍の…

この記事は有料記事です。

残り3009文字(全文3890文字)

【検証・安倍政権】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集