メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内村、鉄棒専念の理由は「どうしても世界で一番を」 東京オリンピック目指す

内村航平選手=久保玲撮影

[PR]

 体操男子で種目別の鉄棒に絞って来夏の東京オリンピック出場を目指す内村航平(リンガーハット)は29日、オンラインで取材に応じ、「どうしても世界で一番を取りたい」と決断の理由を語った。「今まで応援してくれた人たちに感謝を伝えられるような演技、スポーツの力で日本を変えていけるくらいの演技をしなきゃいけない」と意気込んだ。内村は東京都内での強化合宿に参加している。

 肩の痛みに苦しんできた内村は、今年2月、鉄棒に専念することを決意した。だが、この日は「今でも6種目でいきたいという思いは変わっていない」と個人総合への強いこだわりを口にした。

 それでも、6種目の場合は肩に痛みが出るため現実を受け入れ、「鉄棒でいく方が、自分も、サポートしてくれる人たちのためにも気持ちよくオリンピックに行けるのではないか」と決意したという。何より「今の自分が一番輝ける方法がこれしか見つからなかった」と話す。

 2018年に取り組んだH難度の手放し技「ブレトシュナイダー(コバチ2回ひねり)」にも再び挑戦している。1種目だとしても変わることなく、人々を魅了する演技で世界の頂点に立つ。【円谷美晶】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 漫画『チェンソーマン』累計300万部突破、作者喜び ジャンプの話題作で重版続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです