メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ヴァージン・ギャラクティック、宇宙船内部を公開 客席は6席

[PR]

 英ヴァージン・グループ創業者のリチャード・ブランソン氏率いる「宇宙旅行」会社ヴァージン・ギャラクティックは7月28日、宇宙船「スペースシップツー」の内部をバーチャルで公開した。ヴァージン・ギャラクティック提供(2020年 ロイター)

 [ワシントン 28日 ロイター] - 英ヴァージン・グループ創業者のリチャード・ブランソン氏率いる「宇宙旅行」会社ヴァージン・ギャラクティック[SPCE.N]は28日、宇宙船「スペースシップツー」の内部をバーチャルで公開した。

 客室には、この宇宙船のために設計された青緑色の客席が6席。壁面にしつらえた12個の窓と前方にある5個の窓から外の様子が眺められるようになっている。

 同社が計画する宇宙旅行の代金は1人あたり25万ドル(約2626万円)。地上約97キロメートルの地点まで上昇する。

 上昇後はシートベルトを外し、無重力状態を楽しむことができる。客室の後部には鏡が貼られ、乗客は浮かんでいる自身の姿を映して無重力を実感できるようになっているという。

 同社幹部によると、宇宙旅行にはこれまでに600人から申し込みがあり、さらに400人が興味を示している。

 商業飛行の開始期日はまだ決定していない。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです