メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

コロナ禍登場、西村氏とは 目立ちたがり屋 官僚出身、言動は軽率? 総裁選意欲 「お友達」で抜てき?

本的対処方針等諮問委員会に出席し、記者の取材に応じる西村康稔経済再生担当相=東京都千代田区で2020年5月14日午後0時38分、北山夏帆撮影

 新型コロナウイルス対応を巡り、東京都の小池百合子知事や大阪府の吉村洋文知事に注目が集まった。もう一人、最も継続してメディアに登場し、かつ知名度を上げた政治家がいる。「コロナ担当大臣」の西村康稔経済再生担当相(57)だ。自民党最大派閥(97人)、細田派「清和政策研究会」(清和会)に所属し、安倍晋三内閣でメキメキと頭角をあらわした西村氏とは一体、どんな人物なのか。

 まずは左下の写真を見てほし…

この記事は有料記事です。

残り2574文字(全文2770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです