メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

綾部署が合同水難救助訓練 本部や消防と /京都

救助した水難想定者を連携してボートから運び出す綾部署員と機動隊員(奥)=京都府綾部市味方町の由良川で、佐藤孝治撮影

 綾部署は29日、綾部市味方町の由良川で府警本部機動、航空両隊や市消防本部と合同で水難救助訓練をした。九州で大きな被害が出た7月の豪雨災害現場に派遣された機動隊員からも話を聞き、約30人の参加者が救助法などを確認した。

 綾部市内でも2018年7月の西日本豪雨による土砂崩れで3人が亡くなっていることも…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文328文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  3. 安倍氏の「事実と異なる国会答弁」33回、分析すると…三つのパターン

  4. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです