メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたぼうし音楽祭 両親へあふれる感謝つづる 脳性まひ患い 入選・小林聡さん(大阪市鶴見区) /大阪

「45周年記念わたぼうし音楽祭」に作品が入選した小林聡さん=大阪市鶴見区で、安田美香撮影

 障害のある人たちがつづった詩に曲をつけて歌う「45周年記念わたぼうし音楽祭」(奈良たんぽぽの会主催、毎日新聞社、毎日新聞社会事業団など後援)で、大阪市鶴見区に住む脳性まひの小林聡さん(54)が入選を果たした。音楽祭は新型コロナウイルス感染拡大の影響のため、今回初めてインターネット配信で8月2日開催される。視聴者による投票により、入選作品の中から「わたぼうし大賞」などが決まる。【安田美香】

 小林さんは9回目の入選。受賞作品「My parents」は両親へのあふれる感謝の思いをつづった。作曲は前橋市の加藤和広さん(59)が手掛け、キーボードの旋律が印象的な美しい曲に仕上がった。小林さんは「素敵な曲をつけてもらった。聴くほどに良さが伝わってくる」と喜ぶ。

 曲を聞いた母の光江さん(80)は「昔のことを思い出す」と涙ぐんで喜んでくれたという。幼い小林さんを抱き、踏切前にたたずむ光江さんを父・満雄さん(81)が見つけたこともあった。「父も母も僕には言えない苦労をしてきた。育ててもらってありがとうと伝えたい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文1191文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです