メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ クラスター感染、計20人 広島市が店名公表 県内298人に /広島

 新型コロナウイルスの感染者が広島市13人▽福山市3人▽呉市1人と、熊野町2人▽府中、海田、大崎上島3町で各1人確認され、県内での感染者は298人になった。広島市ではクラスター(感染者集団)が発生した飲食店での感染者が計20人になり、市は店名を公表して利用者や関係者からの連絡を求めている。また、熊野町と大崎上島町での感染確認は初めて。

 広島市によると、クラスターが起きたのは中区銀山町の「Ams(アムズ)」で10~18日の利用者に感染の可能性があるという。これまで店の顧客名簿から来店者を追跡できるとして店名は非公表だったが、名簿にない利用者の感染を複数確認。客の知人が来店したケースなども想定し、店名を公表した。連絡先はコールセンター(082・241・4566)。

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国会前に「石炭だめ」など100足ズラリ 「シューズアクション」 若者が温暖化対策訴え

  2. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  3. かわいさにメロメロ スナネコの赤ちゃん公開 神戸どうぶつ王国

  4. 日本音コン 声楽第2予選 6人が本選進出

  5. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです