メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保法訴訟 1審手続きにミス 差し戻し・自判検討 高松高裁 /香川

 集団的自衛権の行使を可能にした安全保障関連法は憲法違反だとして、高知県の住民が国に損害賠償などを求めた控訴審の第1回口頭弁論が29日、高松高裁であった。請求を棄却した1審・高知地裁の手続きに瑕疵(かし)があったとして、片田信宏裁判長は「原審への差し戻し、または自判(高裁による判断)をするか検討する」と述べ、後日判断を示す…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Sexy Zone、2年半ぶり5人でライブ 松島聡が久々の“鼻の下投げキッス”

  2. 「誤解に基づいた意見も」 学術会議・梶田会長「正確なデータに基づく議論」訴え 会見詳報

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 二階派幹部、車で10時間かけて地元・山口に帰ったわけは

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです