安保法訴訟 1審手続きにミス 差し戻し・自判検討 高松高裁 /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 集団的自衛権の行使を可能にした安全保障関連法は憲法違反だとして、高知県の住民が国に損害賠償などを求めた控訴審の第1回口頭弁論が29日、高松高裁であった。請求を棄却した1審・高知地裁の手続きに瑕疵(かし)があったとして、片田信宏裁判長は「原審への差し戻し、または自判(高裁による判断)をするか検討する」と述べ、後日判断を示す…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

あわせて読みたい

注目の特集