連載

木語

中国取材の経験が豊富な坂東賢治専門編集委員のコラム。

連載一覧

木語

関与政策は失敗したか=坂東賢治

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <moku-go>

 ポンペオ米国務長官が米国の歴代政権の対中国関与政策は「失敗」だったと決別を宣言した。中国の変化につながらなかったという主張だが、果たしてそうか。

 ニクソン大統領図書館での演説でポンペオ氏はニクソン氏が1967年に米外交誌「フォーリン・アフェアーズ」に発表した論文「ベトナム後のアジア」を引用した。

 大統領選出馬を前にした論文はアジアの平和、発展には中国を取り込むことが必要だと指摘し、「中国が変化しなければ世界は安全にならない」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1015文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集