メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

関与政策は失敗したか=坂東賢治

 <moku-go>

 ポンペオ米国務長官が米国の歴代政権の対中国関与政策は「失敗」だったと決別を宣言した。中国の変化につながらなかったという主張だが、果たしてそうか。

 ニクソン大統領図書館での演説でポンペオ氏はニクソン氏が1967年に米外交誌「フォーリン・アフェアーズ」に発表した論文「ベトナム後のアジア」を引用した。

 大統領選出馬を前にした論文はアジアの平和、発展には中国を取り込むことが必要だと指摘し、「中国が変化しなければ世界は安全にならない」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1015文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  4. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  5. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです