特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

論点

検察と政治

 黒川弘務・元東京高検検事長の定年延長に端を発した一連の問題では、政権が検察人事を意のままにし、捜査が足元に及ばないようにする狙いがあるのではないかとして、国民から「検察と政治の距離」に厳しい視線が注がれた。議論が重ねられてきたテーマだが、今回は何が違うのか。そしてそのあるべき距離とは。

「人事で抑制」許されぬ 宗像紀夫・元東京地検特捜部長

 主任検事として元官房長官らを起訴したリクルート事件を担当し、特捜部長としては元建設相を逮捕・起訴したゼネコン汚職事件の捜査を指揮した。政界捜査は国民の代表である国会議員の身分を左右し、政権が倒れることもあり、検察と政治の間に緊張関係が生まれる。特捜部は巨悪を倒すことが使命だと考えている集団だ。権力の象徴である政権与党への捜査は特別な意義がある。

 政治家から捜査をやめるようにという直接的な圧力を受けたことはない。一方で、政界捜査をしていると、さまざまなところからさまざまな声が寄せられるのは事実だ。在任中に「これ以上捜査すれば命は保証しない」という脅迫状を受け取ったことがある。特定の大物政治家が捜査に対して不満を持っているというような話は、新聞記者らからよく聞かされた。「政治家から憎まれている」と注意されたこともあった。政治家からすれば「少…

この記事は有料記事です。

残り3341文字(全文3885文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

注目の特集