メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

核再処理工場、正式「合格」 稼働実現、高い壁 確認事項1万件/難関「ガラス固化体」

 原子力規制委員会は29日、原発で使い終わった核燃料から再利用できるプルトニウムなどを取り出す日本原燃の再処理工場(青森県六ケ所村)が、国の新規制基準を満たしていると正式に判断した。日本原燃は審査に6年半を費やして、ようやく安全面でのお墨付きを得たが、これで念願の稼働にこぎつけられるのか。【塚本恒、荒木涼子、斎藤有香】

 「再処理工場は建屋の数だけでも20棟近くあり、安全上重要な機器の数も1万を超える。しっかりと日本原燃の中で全体の(安全対策の工事)計画を作り上げてほしい」。6月の規制委の安全審査会合で、規制委の事務局を担う原子力規制庁の長谷川清光・安全規制管理官は、日本原燃の担当者に念を押した。

この記事は有料記事です。

残り2588文字(全文2889文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 「花梨と一緒にいるよう」災害関連死の娘思い 病院敷地にフランスギク 熊本

  4. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  5. 東京駅近くに閉店キャバクラのゴミを不法投棄容疑 元経営者らを書類送検 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです