メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「黒い雨」全員勝訴 3姉妹「線引き」消えた 救済求め42年、亡き父らの声届く

 「全員、被爆者と認めてもらえたよ」。広島原爆で「黒い雨」に遭った住民ら84人に被爆者健康手帳を交付するよう広島県・広島市に命じた29日の広島地裁判決。法廷で勝訴の瞬間を迎えた原告の前田千賀(ちか)さん(78)は、地裁前で待っていた姉と妹に駆け寄ってそう言った。同じ集落で雨を浴びながら、3人は国の「線引き」で区別されてきた。亡き父らが救済を求める運動を始めてから42年。「ようやく声が届いた」。涙が止まらなかった。

 開廷した午後2時、地裁前。とどろいていた雷が収まり、土砂降りだった雨がやんだ。「全面勝訴」と書かれた垂れ幕を弁護士が掲げると、原告や支援者から「すごい」「よかった」と歓声が上がり、拍手の輪が広がった。

この記事は有料記事です。

残り1776文字(全文2085文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. オリックス山崎福 「緩急はまった」充実の3勝目 好けん制にも助けられ

  5. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです