アベノミクス力及ばず…景気回復、戦後最長逃す 拡大71カ月、18年10月「山」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
 
 

 内閣府は30日、景気に関する有識者らによる研究会を開き、第2次安倍内閣が発足した2012年12月から続いていた景気拡大期間が18年10月に終わり、翌月から景気後退に入ったと認定した。拡大期間は71カ月で、08年2月まで73カ月続いた戦後最長の景気拡大期間を超えなかった。

 経済学者や統計の専門家でつくる景気動向指数研究会(座長・吉川洋立正大学長)の意見を踏まえ、内閣府が景気のピークである「山」を18年10月だったと暫定的に認定した。各種指標のデータを確認して約1年後に確定する。19年1月に茂木敏充経済再生担当相(当時)が景気回復について「戦後最長になったとみられる」と表明していたが、実際には既に後…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文756文字)

あわせて読みたい

注目の特集