米連邦警察とデモ隊の衝突、沈静化に向かうか オレゴン州で撤収合意

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米連邦政府の派遣する警察部隊と人種差別撤廃などを求めるデモ隊が各地で衝突している問題で、西部オレゴン州のブラウン知事(野党・民主党)と国土安全保障省は29日、同州ポートランドに展開している連邦警察を撤収させることで合意した。連邦警察の過剰な取り締まりが事態を悪化させているとして、同州が撤収を求めていた。

 ただ、トランプ大統領は29日、記者団に「州知事や市長が街の安全を確保するまで出て行かない。安全を確保できないなら、連邦政府が後片付けをする以外に選択肢はない」と主張。状況によっては、混乱が続く可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文658文字)

あわせて読みたい

注目の特集