メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NASA、火星探査車「パーシビアランス」打ち上げへ 日本人技術者も開発に参加

火星探査車「パーシビアランス」の想像図=NASA提供・共同

 米航空宇宙局(NASA)は30日、火星表面の土壌から生命の痕跡を探す探査車「パーシビアランス」を南部フロリダ州の発射場から打ち上げる。開発に参加したNASAの日本人技術者3人も出発を見守る。探査車が火星表面で自らの判断で走るためのプログラムづくりをした小野雅裕さん(37)は「地球外生命の痕跡発見という大きな科学の一歩になるかもしれない」と期待を込めた。

 探査車は6輪で小型車ほどの大きさ。2021年2月に火星に着陸する。1日数百メートル走行し、ロボットアーム先端の掘削装置で岩や砂を掘り、筒状の容器に詰める。容器は火星の表面に置いておき、将来別の探査で回収、地球に持ち帰る。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. ORICON NEWS 『BLEACH』作者・久保帯人氏の初公式ファンクラブがオープン イラストや作画資料など公開

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです