米GDP、年率32.9%減 4~6月期 歴史的景気後退 個人消費縮小響く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米商務省が30日発表した2020年4~6月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、年率換算で前期比マイナス32・9%と大幅に悪化し、統計が比較可能な1947年以降で最悪の落ち込みとなった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済活動の停滞により個人消費や設備投資が大きく落ち込んだ。

 1~3月期(マイナス5・0%)に続き2四半期連続のマイナス成長で、リーマン・ショックの影響で深刻な不況に陥った08年10~12月期のマイナス8・4%を大きく超える歴…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文573文字)

あわせて読みたい

注目の特集