20年上半期 警察官らの懲戒処分は114人 最多は「異性関係」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中央合同庁舎第2号館。国家公安委員会、警察庁、総務省、消防庁、国土交通省、観光庁、運輸安全委員会が入っている=東京都千代田区で2019年5月10日、米田堅持撮影
中央合同庁舎第2号館。国家公安委員会、警察庁、総務省、消防庁、国土交通省、観光庁、運輸安全委員会が入っている=東京都千代田区で2019年5月10日、米田堅持撮影

 警察庁は30日、今年上半期(1~6月)に懲戒処分を受けた警察官と警察職員は全国で114人(前年同期比1人増)だったと発表した。逮捕したのは23人(3人増)だった。

 処分の内訳は免職17人(6人増)、停職25人(3人減)、減給53人(8人減)、戒告19人(6人増)。

 理由別は「異性関係」の42人が最多で、…

この記事は有料記事です。

残り100文字(全文253文字)

あわせて読みたい

ニュース特集