メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本・日航機の部品落下 高温腐食などでブレード破断 運輸安全委が報告書

国土交通省が入る中央合同庁舎第3号館=本橋和夫撮影

 運輸安全委員会は、2018年5月に熊本空港を離陸直後の日本航空632便ボーイング767から部品が落下し、地上の建物や車に直撃した調査報告書を30日公表した。エンジン内部にあるタービンのブレード(羽根)が高温による腐食や金属疲労のため破断。周辺にあるブレードなどの部品に当たり壊れてできた破片が、エンジンの排気口から地上へ落下したとしている。

 安全委は再発防止策として、エンジンのメーカー側にブレードの使用状況の監視やトラブルの検証作業の徹底を要請。メーカー側も、ブレードの破断が起きた件数など重要な情報を提供する仕組みをつくる計画という。

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです