メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本・日航機の部品落下 高温腐食などでブレード破断 運輸安全委が報告書

国土交通省が入る中央合同庁舎第3号館=東京都千代田区霞が関2で、本橋和夫撮影

 運輸安全委員会は、2018年5月に熊本空港を離陸直後の日本航空632便ボーイング767から部品が落下し、地上の建物や車に直撃した調査報告書を30日公表した。エンジン内部にあるタービンのブレード(羽根)が高温による腐食や金属疲労のため破断。周辺にあるブレードなどの部品に当たり壊れてできた破片が、エンジンの排気口から地上へ落下したとしている。

 安全委は再発防止策として、エンジンのメーカー側にブレードの使用状況の監視やトラブルの検証作業の徹底を要請。メーカー側も、ブレードの破断が起きた件数など重要な情報を提供する仕組みをつくる計画という。

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです