メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TOKYOスイッチ

既存施設使い回せなかったのか 「パックン」ことパトリック・ハーランさん

パトリック・ハーランさん=東京都港区で2020年3月11日、梅村直承撮影

 来夏に延期された東京オリンピック・パラリンピックはどんな大会にすべきだろう。コロナ禍の終息は見通せないが、私たちは再考する時間を得た。看板倒れに終わりそうだった理念や批判が出ていた大会運営のあり方を、見直すことができるかもしれない。お笑い芸人のパックンことパトリック・ハーランさんに考えを聞いた。

「にわかファン」わさわさ面白い

 小さい頃からスポーツは大好き。きちんとしたチームに参加したのはバスケットボール、サッカー、体操、バレー、板飛び込み、陸上、野球、卓球……。草レベルではアメフト、ロッククライミングなど。見るのも大好きで、生観戦するのは主にプロ野球のヤクルトスワローズ。今年は新型コロナウイルスのせいで、まだ行けていないけれど。

 オリン…

この記事は有料記事です。

残り1403文字(全文1726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです