メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TOKYOスイッチ

既存施設使い回せなかったのか 「パックン」ことパトリック・ハーランさん

パトリック・ハーランさん=東京都港区で2020年3月11日、梅村直承撮影

 来夏に延期された東京オリンピック・パラリンピックはどんな大会にすべきだろう。コロナ禍の終息は見通せないが、私たちは再考する時間を得た。看板倒れに終わりそうだった理念や批判が出ていた大会運営のあり方を、見直すことができるかもしれない。お笑い芸人のパックンことパトリック・ハーランさんに考えを聞いた。

 小さい頃からスポーツは大好き。きちんとしたチームに参加したのはバスケットボール、サッカー、体操、バレー、板飛び込み、陸上、野球、卓球……。草レベルではアメフト、ロッククライミングなど。見るのも大好きで、生観戦するのは主にプロ野球のヤクルトスワローズ。今年は新型コロナウイルスのせいで、まだ行けていないけれど。

 オリンピックで印象深かった光景もたくさん…

この記事は有料記事です。

残り1401文字(全文1726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです