特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「減少の兆しなし」「全年齢に拡大」 東京都、警戒最高レベル据え置き

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で啓発パネル2枚を掲げて警戒を呼びかける小池百合子東京都知事=東京都庁で2020年7月30日午後5時32分、滝川大貴撮影
記者会見で啓発パネル2枚を掲げて警戒を呼びかける小池百合子東京都知事=東京都庁で2020年7月30日午後5時32分、滝川大貴撮影

 東京都が30日開いた感染状況のモニタリング(監視)会議では、2週連続で警戒レベルが4段階で最も高い「感染が拡大している」に据え置かれ、専門家は「減少の兆しは見られない」と指摘した。

 都内の感染者は緊急事態宣言解除2日前の5月23日に2人まで減ったが、解除後は増加に転じ、6月に994人、7月は6003人(30日時点)と急増。「再拡大」の当初は、新宿区歌舞伎町といった「夜の街」に関連した感染が多く、区による集団検査で感染者を洗い出したこともあり、6月中は1日の感染者の半数以上を占める日も頻発していた。

 ただ、7月に入ると、知人らとの会食のほか、家庭や職場、保育所や高齢者施設などでも多発し「夜の街」関連は直近1週間では1割に低下した。この日の会議では国立国際医療研究センターの大曲貴夫・国際感染症センター長が感染経路の拡大について「…

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1140文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集