郡山爆発 親会社コロワイド社長が謝罪 ガスコンロを電磁式に取り換え工事中

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で頭を下げるコロワイドの野尻公平社長(右)ら=福島県郡山市で2020年7月30日午後5時28分、和田大典撮影
記者会見で頭を下げるコロワイドの野尻公平社長(右)ら=福島県郡山市で2020年7月30日午後5時28分、和田大典撮影

 福島県郡山市の大手飲食チェーン「しゃぶしゃぶ温野菜」郡山新さくら通り店で30日朝、発生した爆発事故。親会社・コロワイドの野尻公平社長らは午後に同市役所で記者会見し、「この度は甚大な被害を引き起こし、申し訳ありません。被害に遭われた方に全力で対応させていただきます」と謝罪した。県警は業務上過失致死傷の疑いもあるとみて事故原因を調べている。

 野尻社長らによると、店は新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月24日から休業。8月に営業を再開するため、7月21~31日の予定で改装工事をしていた。亡くなった古川寛さん(50)は、工事を請け負った内装会社「小西造型」(仙台市)の従業員という。

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文840文字)

あわせて読みたい

注目の特集