メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土俵際に落とし穴、花道で足引きずり…白鵬2連敗 優勝争い一歩後退

御嶽海に敗れ、土俵の外で肩を落とす白鵬=東京・両国国技館で2020年7月30日、小川昌宏撮影

[PR]

 大相撲7月場所12日目は30日、東京・両国国技館で行われ、横綱・白鵬が御嶽海に突き落としで敗れ、前日に続く連敗。朝乃山、照ノ富士との優勝戦線から一歩後退した。

 土俵際に思わぬ落とし穴が待っていた。立ち合い、右で張って右上手をがっちり握った。普段の横綱なら四つに組んで盤石の寄り、というところだが、少々違った。左を差しきれず、両上手ながら土俵際へと寄り立てたが、御嶽海に体を開かれると勢いそのままに俵の外へ倒れ込んだ。起き上がると、土俵に背を向けたまま膝に手をつき、大きく息をした白鵬。痛めた膝をかばうように右足を引きずりながら、ゆっくり支度部屋へと戻っていった。

 勝った御嶽海が「完璧に負けたと思った」と振り返れば、土俵下の高田川審判長(元関脇・安芸乃島)も「いつもならもっと腰を落としてゆっくり、丁寧に取るはずだが……。膝かどこか、調子が悪いのか」と首をかしげる。白鵬はここ連日、勝っても負けても取組後の取材を拒否。言葉では語らないが、何らかの異変があるのは間違いなさそうだ。

 4カ月ぶりの異例の場所に「横綱として存在感を示さないといけない」と度々口にしてきた白鵬。10日目に北勝富士を一気に押し出す盤石の相撲で単独トップに立ちながら、その後の連敗で風向きは大きく変わった。残り3日、優勝争いはにわかにおもしろみを増してきた。【黒川優】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです