メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

アルプススタンドのはしの方 さえぬ青春、輝く瞬間

映画「アルプススタンドのはしの方」の一場面

 さえない毎日を送る高校生たちが甲子園で野球を見ながら進める会話劇。グラウンドのシーンが一切ない1時間15分の小品ながら、出色のできばえの青春映画だ。野球やサッカーといった運動部員を中心としたいわゆる“イケてる”男女ではない、クラスでも「はしの方」にいるであろう高校生の物語で、それゆえに多くの共感を得るだろう。

 舞台は高校野球夏の甲子園1回戦のアルプススタンド。演劇部の3年生、安田あすは(小野莉奈)と田宮ひかる(西本まりん)の通う学校は、県立校ながら甲子園出場を果たし、生徒全員が強制的に応援へ駆り出されている。2人は隅の席で「今のはアウトなの?」などとルールも分からずだらだらと眺めている。

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  4. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  5. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです