メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

解体の危機に揺れる「歴史の証言者」 旧広島陸軍被服支廠 被服支廠キャンペーン 福岡奈織さん(27)

福岡奈織さん=広島市中区で2020年6月22日午後5時12分、宇城昇撮影

 「被服支廠キャンペーン」では、旧広島陸軍被服支廠を舞台にした協働を呼びかけています。被服支廠に動員されていた15歳の時に被爆した男性の証言を追体験するプログラムを2年ほど前にスタート。当時の体験記や絵などを基に調べ、原爆投下以前の広島のまちにとって被服支廠の存在がいかに大きかったかを知りました。

 この場所を通して広島の歩みが分かり、被…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文397文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 漫画『チェンソーマン』累計300万部突破、作者喜び ジャンプの話題作で重版続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです