メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

多き田を襲った雨

 地域名の「大分」を「おおいた」と読むのは、考えてみれば不思議だ。子供の頃に地図で覚えて違和感がなかったが、漢和辞典には音読みも訓読みも「分」を「いた」と読むとは書かれていない。

 実は2010年内閣告示の常用漢字表に初めて「分」を「いた」と読むと掲載された。都道府県名の漢字の音訓読みにはない特別な読み方として「大分(おおいた)」と備考欄に盛り…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判

  5. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです